ようこそ、PictRuler Liteへ

WindowsStoreへ


撮影した画像の面の寸法を測ろうというアプリです。

使い方
起動画面です。
仮の測定マーカーと基準値が表示されています。

右下の「...」を押すとメニューが現れます。
画像を撮影または読み込むためには「カメラ」ボタンをタップします。

カメラ撮影またはファイルから読み込むことができます。
画像をロードしたら、赤四角を移動させ、測定する面に合わせます。面は長方形であることが前提です。


近接して測定できる部分に青マーカーを合わせます。

適時、数値が変わります。赤い面情報から逆パースにより比率が表示されています。

縦横とも測定できる場所に合わせます。
作業しやすいように、画像を消します。メニューの「Image On/Off」をタップし、画像を消します。

測定できる部分の数値を入力します。

画像の左壁の横寸法をタップします。
数値をタップすると入力パネルが開きます。

0.21の壁は695mmでしたので、695を入力します。

同様に間口の高さを1545として入力します。
逆パースにより各所の寸法が計算されます。

写真計測により、誤差はあるものの大まかな距離を求めることができます。

累計:
本日:
昨日:
プライバシーポリシー
Hideyuki Miyanishi(宮西 英行)