設定-Displayリファレンス


設定-Displayの画面です。

 

RefS1_1.png

iPadではテーブル(表形式)によるファイル選択のポップアップを閉じる制御オプションが 追加されます。

RefS20s.png

ファイルの色の 情報で表示

Jwwファイルに記録されているファイルによる色情報を使用して表示されます。
背景色は次の項目の「描画背景色の設定」によります。

描画背景色の設 定

三つの設定が可能です。

ファイル 情報を使用

背景色はJwwファイルデータの背景色情報で描画されます。

常に黒背 景を使用

背景色を常に黒で表示します。「ファイルの色の情報で表示」がオンの場合、白と黒を入れ替え 表示ました。その他の色はファイルの色の情報で表示されます。

OSの情 報を使用

背景色は、OSのライトモード、ダークモードにより自動で設定されます。「ファイルの色の情 報で表示」がオンの場合、白と黒を入れ替え表示ました。その他の色はファイルの色の情報で表示されます。

背景色の内容により一部、白と、黒を自動で入れ替えます。

仮線を表示す る。

Jww/JWCファイル内に存在する仮線データを表示するかしないかを切り替えます。

ファイル選択で Inboxを表示

テーブル(表形式)によるファイル選択の場合、ファイルアイコンOpenBt@2X.pngをタップしたときにInbox フォルダを常に表示します。メール受信したファイルを読むのを中心に使うユーザー向けです。FileNAVI(内蔵サムネイル昨日)、 DocumentPickerでは機能しません。

自動的にボタン を隠す

システムアイコン、拡大縮小ボタン、ヘルプボタンを以外のボタンをコマンド実行後に自動的に非 表示にします。画面の小さいiPhoneではデフォルトでOnになっています。iPadでは広い画面のため、デフォルトでOffです。ボタンを表示る場合 はシステムアイコンをタップします。ボタンを消す場合はもう一度システムアイコンをタップします。

RefS12M.png RefS11M.png

ボタンの表示非表示の例、状況により表示されるアイコンは変わります。また、以下のようにボタ ンの表示位置を右側、左側に設定することが可能です。移動する方法は、以下の赤い丸をタップします。(この部分はアイコンはありません。)

RefS15V.png RefS14V.png

高速ブロック図 形表示

ブロック図形の高速化を行います。内容は以下の通りとなります。デフォルトではオンです。

オフの場合

メモリの消費は最小限で動作します。描画時間は遅くなります。また、ブロック図形のスナップ が機能しません。メモリが少ない機種におすすめです。

オンの場合

メモリを大量に消費します。描画時間は高速になります。またブロック図形のスナップが有効に なります。最新機種ではこちらをお勧めします。

Osaka- Monoフォントを使う

このオプションをオンにすると、「Osaka-Mono」フォントがダウンロードされます。 「Osaka-Mono」フォントはWindowsでいう、「MSゴシック」に近い表現のフォントです。

文字の表示精度 を上げる

このオプションはデフォルトでオンです。
iPhone3Gや初代iPad/iPad2など、ディスプレイスケーリングが1:1の機種場合は影響ありません。ディスプレイスケーリングが2:1 3:1の機種でこのオプションをオフにすると文字が荒くなります。

ズーム中心を固 定する。

このオプションがオンの場合、ズーム操作の場合、他のiOSのアプリと同様の動作にします。オ フにすると、ズームとパンを同時に行うハイブリッドモードになります。これは、Jww系の図面読み込みのみ影響を受けます。Objファイルを読み込んだ場 合は中心が固定されたままになります。

警告アラートを ポップアップ無し

このオプションはデフォルトでオフです。オンにすると警告ポップアップの抑止を行います。な お、ファイルサイズオーバーの警告ポップアップは抑止されません。

通知背景の透過

画面上部の通知エリアの背景透過を設定します。

スライダーを左にすると透過し、右にすると透過しなくなります。アルファチャンネルの設定が可 能です。

スライダーを一番右の場合透 過無
RefS16s.png

スライダーを中間付近で50% の透過率
RefS17s.png

スライダーを一番左の場合100% 透過率
RefS18s.png

線幅の縮尺

表示する線幅の縮尺を設定可能です。縮尺の設定なし、そして 0.1~3.0までを指定できます。ディスプレイスケーリングが2:1 3:1の機種で1以下に設定するとかなり細かく表示が可能になります。デフォルトでは 1.0が設定されます。

スナップサイズ

測定機能を使う場合のスナップ領域を指定します。デフォルトでDPIベースで「中 [11Dot]」が設定されています。そのほかに「小 [7Dot]」,「大[15Dot]」の 指定が可能です。

ファイル選択後 に iPadのみ

iPadで追加されるオプションです。

RefS21s.png

iPadではテーブル(表形式)によるファイル選択のポップアップを閉じる制御オプションが追 加されます。FileNAVIとDocumentPickerでは影響を受けません。

すぐ閉じ る

ファイル選択後にすぐにテーブル(表形式)のポップアップを閉じます。

3秒遅れ て閉じる 4秒遅れて閉じる 5秒遅れて閉じる

ファイル選択後に指定した秒数後、テーブル(表形式)のポップアップを閉じます。表示中にほ かのファイルを選択するとそのファイルが読み込まれ、その後指定秒数後にポップアップを閉じます。

閉じませ ん

ファイル選択後にテーブル(表形式)のポップアップを閉じません。テーブル(表形式)のポッ プアップを閉じるにはポップアップ以外の領域をタップします。ファイルを次々と眺めるときに便利です。